読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日箱

日常を箱につめる作業

どうしようもなく寂しい夜に、ヘッドホンをかけて聴いて欲しい一枚

前作「秘密」以来、3年振りの待ちに待った堀江由衣の新譜。

ワールドエンドの庭 - 堀江由衣

発売同時にiTunesで購入。「夏の約束」は入ってないんですね…。個人的偏見でいうと、声優のアルバムってアニメ主題歌以外は大体ハズレっていうパターンが多いんですが、堀江由衣のアルバムは毎回クオリティが高くてびっくりする。そして、息継ぎまで聴こえてくる感じがやばい。切ない曲から可愛くてポップな曲まで、そして台詞が入ってもアホっぽくならず綺麗に仕上げてくる感じがほんとに凄いと思う。

肝心の曲の方はアニメ「ゴールデンタイム」から4曲。その他、OVAスマホゲームから1曲ずつだそうで。「ゴールデンタイム」の曲に関しては既に購入済みですが、改めて良さを実感。アルバム全体を通して、今回は、柔らかいところにソッと寄り添ってくれるような、そんな一枚だなぁ、と。ヘッドホンでじっくり聴いて欲しい。

個人的にシングル曲以外で気に入ったのは「ミステリー…」。イントロの時点で「あっ、これは清竜人…?」と思ったら案の定。またやってくれたな、と。脱帽。またも新たな堀江由衣を引っ張り出してきたな、と。清竜人。ちょっと「インモラリスト」チックさがあるものの、もっとポップな感じ。今までの堀江由衣にはなかった感じを見事に出しています。この人は本当に、彼女の色んな側面を見させてくれる。アルバム一枚プロデュースして欲しいな、と思ってます。