読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日箱

日常を箱につめる作業

【仕事】ウェブで広告出稿する際に気をつけるべき3つのこと

転職し、数ヶ月経過し、漸く仕事面でも色々と落ち着いてきた。

今まで所属した幾つかの会社では、主に自社のマーケティングで広告運用だったり、売上目標とか予算作成。代理店との折衝とかがメインで、あとは実際のサイトのプログラミングとかコーディングなんかもやったりしていました。現在はどっちかというと代理店よりで主にコンサルティング営業みたいなことをやっています。

自社のマーケティングで数字を見たり実際に手を動かして戦略を練り入札したり、ページをコーディングしたりディレクションしたりとしてきたんですが、中々自社以外の数字とかマーケットって触れる機会がないんですよね、当り前ですけど。そういうのが見てみたいな、と思っていたのと、世の中の中小企業の人とか個人経営の人達って、なかなかウェブでの広告出稿の仕方がわかってなかったり、どうすれば売上が伸びるかわからないっていう人が多いと思うんですよね。あとは、どうしてもそこに予算や人を割くことができないとか。そういう人達の手伝いが出来ればなぁ、っていう思いもあって現職に就いた感じです。

数ヶ月経って思うのは、やっぱり前述したようにウェブ広告についてきちんと理解できてない人が多いなぁということ。まぁ、自分も全てをきちんと理解してるのかと言われれば全然理解できてないと思うんですが、世の中ほんとに用語とかも全くわかってなくてとりあえずお金だけ払ってる、みたいな会社もあったりして、ほんとにこんなんで大丈夫なのか?と思ってしまうことが多々。

きちんと噛み砕いて説明しようとしても、そういうのはいいから、とりあえずどうにかしろ、みたいなのもしょっちゅうですし、色々と深いなぁと思わされる・・・。こちらとしても何かしら手を加えて、しっかり売上が出るように貢献したいとは思うんですけどね。

こちらとして出稿する側にお願いしたいのは以下の3つかなと思う。

 

① その広告の仕組みを理解する

 別に細かい配信の仕組みとかまでは知らなくてもいいとは思いますが、どのくらいの配信面を持っているのか、どういうセグメントを切ることが出来るのか(誰にアプローチできるのか)、課金方法はどうなのか(クリックなのか成果報酬なのか固定なのか)、くらいは最低限きちんと理解しておくべきだと思う。

 

② 目的・目標を共有する、連絡をとりあう

 これもあまり考えずに走らせてる広告主が多いと思う。気付いたら当初話してたのと違うことを言い出すとか多い。必ず相手と自分で常に目標とか目的をきちんと共有し、そこにどうアプローチしたのか(するのか)、そしてどうなったのか、どう改善するのか、それを定期的にきちんと行うことが大事。まぁ、いわゆるPDCAを一緒に回すことが大事。どこかのタイミングで全く連絡なくなるとこの案件はもういいのかな、と思われてしまう(互いに)。2,3ヶ月に一度とかでも十分なので、何かしら定期的に連絡は取るべきだと思う。

 

③ 予算を確保する

 これもよくあるんですが、金は出さないけど、どうにかしろっていう奴ですね。私もマーケティングをしてきたので分かりはするんですが、世の中そんな美味しい話あれば皆やってますよ・・・。何か成果を出すためには、やはりある程度の予算は必要なんですよね。これをこうしたい!は言ってくるんですが、じゃぁ、このくらいの予算が必要になるんですがっていうと、金なんかだせない!みたいな。別にこっちとしても、意地悪をするためとか、自分のノルマを達成するために広告を押し売ったりとか、予算をぼったくったりとかしてるわけじゃなく、純粋に何かするにはやはり費用が掛かってくるんです。それを理解できない人が多いなぁ、と。

 

と、なんとなく思うがままに書き連ねたので、おかしなところもあるかもしれないですが、そんな感じです。