読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日箱

日常を箱につめる作業

【レビュー】「新妹魔王の契約者」における白い光について

もう3月ということで、今期のアニメも終盤に差し掛かってまいりました。

今期は開始当初、なかなか頭がおかしいアニメ(褒め言葉)が見当たらないなぁと思っていたんですが、「新妹魔王の契約者」とかいう最早エロアニメとしか形容しようがない頭のおかしいアニメがありましたので、こちらでご報告させていただきます。そもそも「契約者」と書いて「テスタメント」と読ませる当たりからして、放送開始前に頭のおかしさに気付くべきでした。

面倒な説明は割愛しますが、端折って言えば「エッチなことをして魔力増強」とかいうありがちといえばありがちな展開なんですが、白い光の乱発が凄い。画面の2/3以上が真っ白になったりする。なんだこれ。更にいうと、今さっきまで普通に見せていた画面を次の場面で白くしてみたり。とにもかくにも、光渡し、いわゆる謎の光が凄い。謎の光り以外にも「見せられないよ!」的なキャラ絵も乱発してくる。

「見せられないよ!」

もうこの辺にいたっては、今パンツ穿いてたから白い光出さなくていいだろ!と思うんですが。

これはもう「白い光」を出すことによって視聴者に「実は穿いてなかったのではないか?」「見せられない理由があるのではないか?」と思わせるという新手法。視聴者の想像力を活性化させる斬新な手法なのではないか、という結論に落ち着きました。すごい、凄すぎるぜ・・・!(脳が活性化され頭がおかしくなってきた

その他の今期の頭おかしい枠は「聖剣使いの禁呪詠唱」と「みりたり!」あたりなんですが、漢字にカタカナ当ててくるアニメとショートアニメでタイトルが平仮名のアニメは大体頭おかしい枠なんですかねぇ・・・。