読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日箱

日常を箱につめる作業

2大トピックで今年を振り返る

ブログを再開して、アニメの話ばかり書いてるのはどうなんだ!そういえば、去年の12月31日はどんなブログを書いていたんだろうと思い、以前のブログを掘り起こしたところ「凪のあすから」について語っていたので、月日はたっても人間は変わらないんだなぁと改めて思う、年末であります。

さて、今年を振り返ってみると、世間的には分かりませんが個人的にはかなり激動の一年だったなぁと。大きくキーワードに分けると「転職」「旅行」

まず、旅行は国内を二回(しかもそのうち一度は一人旅)と毎年恒例の海外出張で今年はアメリカ。そして、仕事面では転職もしました。付け加えていうと、趣味としては数年振りに競馬をまた始めました。

それにしても本当に思うのは、今年が始まった当初、年末に違う会社にいることになるだろうとは思ってなかったな、と。転職の前後のちょこっとした部分については以前やってたブログでまとめていたんですが、また近いうちに何本かにわけてエントリー書こうと思っています。

まぁ、ただ、今になってみると理由は数あれど、1月にちょっとした出来事があって、会社といいますか経営者に対する不信感が大きくなって、もしもあの出来事がなければ少なくとも今年か年度末一杯くらいまでは前職にとどまっていたかもしれないなぁ、と思ったりもします。どちらにせよ、内定を貰って入社する前から、最初の会社は「短くて3年、長くて5年」と決めていたので時期的にはちょうどよかった気もしています。

さて、国内旅行は、香川県熊本県に。香川県は別にたいした理由はなかったんですが、四国に今まで一度も行ったことがなかったので行ってみたいなぁ、っていうそれくらいの軽いノリでした。熊本県については、大学時代の友人が訳あって現在熊本県で生活しているので彼に会いに、といった具合。両県にいって感じたのは、やっぱり東京って活気があって凄いところだなぁ、と。

香川に関して言うと、とにかく人が少なかった。観光地に行けばまぁ、それなりに人はいるのだけれどお土産屋さんにしろ飲食店にしろ若い人は殆ど見かけなかった。市内の繁華街にも出かけたのですが、夜になるとキャバクラの客引きとかしかいなくて、商店街の半分はシャッターがしまっていたり、さらにちょっと一本それると殆ど人がいなくて街灯も点灯されず、といった具合。ニュースでは見るけれど、地方都市っていうのは本当に廃れていってるんだなぁ、と実感させられました。

ちなみに、熊本は香川より大分栄えていてこれは逆にびっくりしました。県内の観光地には車がないと行けないのですが、普通に生活する分には市電にさえ乗れればなんら不自由しなさそう。小洒落たお店やファッションビルなんかもあったりして、商店街も夜は夜で賑わっていたりしていて、東京のちょっと武蔵野方面に出たくらいの感覚でした。これなら私も生活できるなぁと(謎の上から目線。次回は是非、一人ではなく誰かと来たいな、と思った都市でした。帰りがけに博多も寄りましたが博多はもっと凄かった。

あと海外はグランドキャニオンを見てきました。これは本当に凄くて、感動した、の一言に尽きます。よくテレビの映像や写真などで見たりはしていましたが、自分の目で見て肌で空気を感じるのはやはり全然違う。今まで幾つか世界遺産と呼ばれるものを見たことがありますが、グランドキャニオンについては別格だった気がします。流れる風、降り注ぐ日差し、広大な自然。なんというか、目の前の光景がふざけてるんじゃないか、と思った(笑。スケール感が格段に違う。自分という存在がいかに微細なものなのか、肌身で感じた気がします。自分の目で見れて本当によかったな、と。

しばらく海外に行く機会はあまりないかもしれないですが、機会があれば是非行きたいなと。ただ英語が喋れないっていうのが…。とりあえず、国内旅行はどこか行きたいな、と思っています。年に一度くらいはどこかに遠出して見聞を広めたい。