読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日箱

日常を箱につめる作業

【雑談】ラーメンズがyoutubeで配信開始になったので一番薦めたい作品を

年始休暇もそろそろ終わるわけですが、延々とラーメンズ公式チャンネルを視聴し続ける生活をしております。

ラーメンズを好きになったのはそれこそ中学生の頃とか。最近はめっきりですが、当時は漫才とかコントとかお笑いに滅茶苦茶はまってまして、中学生の分際で偉そうに爆笑オンエアバトルのレビューとかテキストサイトで書いてました。根っからのお笑いファンで、正直友達と再現したりコントのネタとか書いてたりしてたくらい。完全なる黒歴史。当時から頭がおかしかった。否定できない。

ラーメンズを何がきっかけで知ったのかはあまり覚えてないですが、オンバトとか完売劇場とかで名前は知ってて、ネットで仲良くしてくれてた年上の方々が皆さん一様に面白いよ!と薦めてくれ、まぁ、そこまでいうなら見てみるか、と思ってツタヤでレンタルしたのが最初の記憶かと。(確かFLATだったと思う。)

はじめて見た時の感動は凄かった。ただモジャモジャのおっさんとインテリっぽいおっさんが、ネタを披露する、っていう出落ちみたいな奴かなと思っていた自分。完膚なきまでに期待は裏切られ、数分後には、なんだこれ!?めちゃくちゃ面白いじゃん!と呼吸困難になるくらい涙を流して笑ってみてた。

こういう人達を天才っていうのか、と中学生ながら非常に衝撃を受けた。VHSをダビングし、それこそ擦り切れるほど見た。めったに友達を家になんか招かない私が、友達を家に呼んで見せたりした。ほんとそれくらいの衝撃だった。今までテレビで見て笑っていたコントが全て、くだらなく思えるほどに当時の自分には衝撃的だった。台詞回しやら世界観、時折混ぜ込んでくるアドリブ。その全てが衝撃で、何が計算されていて、計算されてないアドリブはどれなのかわからないし、その計算されてない部分すら計算なんだろうか、と見れば見るほど深みにはまっていく。

話が大分長くなりましたが、とにかく言いたいのは無料でyoutubeで見れるから、今まで一度も見たことがない人は是非見てもらいたいなと。どの作品も秀逸でハズレはないのですが、数ある好きな作品の中でも個人的に一番すすめたいと思うのは「やめさせないと」という作品。(以下、ネタバレ含むので作品見てからどうぞ)

www.youtube.com

新しい作品からだすのはどうかと思ったんですが(と言っても09年ですが・・・)「TOWER」は全体通して題の通り「TOWER(塔)」をモチーフとして作られた公演。「やめさせないと」はその中の一作品。

タワーマニアで内向的なオタク気質の二人が仲良く暮らしているんですが、ある日突然「明日キャンプに行くことになった」という台詞から物語は進行していく。小林のいう「僕たちはそういうんじゃないじゃん」に今までの二人の全てが集約されている。そういうじゃぁ、ないんですよ。以下、この作品での好きなところを2点。

1.同質と思っていたものが異質だった時の嫉妬

オタク仲間でアニメや声優の話題などで盛り上がってる中に、突如「俺、彼女ができたんだ」とかいう人とか、ある日突然非モテツイートばかりしていた人が「結婚する」とかツイートしたりする。僕たちはそういうんじゃないじゃん。今までどおり仲良くやろうよ、なんでそんなわけのわからない世界に行こうとするんだ?というか、いつの間にそんな関係を構築していたんだ?という疑心。そういうんじゃないじゃん。やめさせないと。同質だと思っていた友人や知人が、実は異質な存在だと気付いてしまった時の絶望感と焦燥感。やめさせないと。こちら側の人間のままでいさせないと。

ここで、小林は「やめさせないと」というものの泣いて懇願しやめさせるのではない。自分が相手に成りすましてキャンプに出かけてしまうという手段に出るのである。「やめさせないと」と嘆きつつも本質的には、相手をうらやんでいることの方に比重が大きいことがわかる。やめさせたい、のではなく、自分と同質だったものが急速に異質になっていることが悔しくて仕方ないのである。この辺の心情描写がほんとにたまらない。こういう経験したことがある人ってたくさんいると思う。問題の本質はそこなんですよね。同じだと思ってたものが、実は違うことに対する嫉妬。

2.スターバックス

スタバのくだりがほんとに好きで。一番最初にうっかり入店してしまった時の焦り。たまたま、この店舗にきたことないだけだから!普通Sの次はMじゃないのか!赤いランプの下で待ってるから!!

とまぁ、長々と書きましたけど、面白いからまだ一度も観たことないという方は是非。